R2の電脳買物道場

暇つぶしにYOUTUBE内でゲームの実況をやっとります。【R2 ゲーム実況】で検索してみてください。

【Orc Colony】オーク族が地下帝国を作り上げていく作業沼ゲー【Steam】

真横視点でアリの巣のようにオークの住処を作り上げていくゲームがリリースされたので触ってみました。

 

初回の地獄版。難しすぎて心の折れていく様が手に取るようにわかります泣

www.youtube.com

 

その後、10時間ほどかけて完全に地下生活に慣れました。

初見であんなに辛がってたのがウソのような快適空間に。

序盤のヒント込みの動画を作成しております↓

www.youtube.com

 

生活の基盤となる食糧・寝床・食事するためのダイニングはもちろん必要なんですが、このゲームのキモとなるのは資材を運搬する運び屋ゴブリン

彼らをぞんざいに扱うことでこの集落は一気に滅びます。もはやゴブリンゲーと言っても過言ではないでしょう。

 

基本的に各階層に1枠はゴブリン部屋を用意し、常に運搬させて資源採掘部屋を稼働させるのが最重要。運搬能力が足りないと、あっという間に部屋にクモの巣を張って労働者が出ていきます泣

 

さらにゴブリンたちは食事を必要としないので、多ければ多いほど効果的。余ってるくらいで丁度いいまであります。

たまに来るトレーダーで資源を売買し、お金を得ることができるので、正直シルバーを無理に採掘する必要はほぼありません。どっちか言うと銅のインゴットを大量に作って資金源にするほうがよりベターな気がします。

 

それにしてもゲーム内の音楽はほぼ無く、代わりに採掘や作業音がモニタから延々と流れてきます。ちょっとでも工場で働いた人なら経験あると思いますが、一定のリズムで刻まれる環境音がすごくテクノっぽく聞こえてくるんですよね。

映画「ダンサーインザダーク」でも似たようなシーンがありましたけど、私にはビョークの気持ちがよく分かる。笑

で、謎のナチュラルハイに身を任せて地下へ地下へと掘り進め、気づけば朝になっている。。という恐ろしいゲーム。

 

外界のワールドマップでは同種族や人間の集落が点在し、陣取りの容量で勢力を拡大していくこともできます。この辺は三国志とか信長の野望的な要素をビンビンに感じますね。全軍を率いた大決戦や、分隊させた二面、三面作戦も可能です。

 

絵面的にも音楽的にも序盤の難易度的にも、とてもストイックでハードボイルドな仕上がりを見せているオークコロニー。個人的には思いっきりツボでした。1000円以下のセールなら間違いなく買いでしょう。

 

 

 

ダンサー・イン・ザ・ダーク(Blu-ray Disc)

ダンサー・イン・ザ・ダーク(Blu-ray Disc)