RZの30代もゲーム三昧

暇つぶしにYOUTUBE内でゲームの実況をやっとります。【raaamenz ゲーム実況】で検索してみてください。

【Weed shop2】このゲームそのものが麻薬のような作り

 Steamで偶然セールになってて気になっていたのでやってみることにしたゲーム。

海外の合法な地域で大麻を育てて店を切り盛りするという挑戦的な内容。笑

 

www.youtube.com

 

バックヤードにある栽培室で種を植え、水をやり、刈り取る。

そのまま客に売ってもいいし、ジョイント(巻きたばこのようなもの)にして道行く人にプレゼントしてもいいし、自分で吸ってもいいっていう。笑

当然視界がぼんやりして疑似的なトリップ感覚が楽しめます。

 

f:id:raaaamenz:20180419163413p:plain

 

大麻の種類も多く、栄養剤などの育て方によって成熟するまでの時間が変わります。

それに加え、水も頻繁にあげなきゃいけないし、客の相手はしなきゃいけないし、泥棒や強盗も殴って追い払わなきゃいけない。

余裕を見てはジョイントを巻き、顔見知りの客に渡し、自分でもチルアウト。

 

売ったり作ったりしたら経験値を得て、レベルアップ。

アンロックされた設備や種を買い、さらに店内を充実させていく。

しかし設備を充実させたからといって、生活は楽になるわけでもなく、ただひたすらマリファナを育て続ける無間地獄がそこにはあります。

 

それが苦行か?と聞かれるとそんなこともなく、ただただ目の前の葉っぱがとてもかわいらしく思えてくるっていう。

 

で、黙々とお店を運営させているうちに、完全に辞め時を失った自分がそこにいます。

気づいたらずーっとやってる系のゲーム。

そう、まさにこのゲームこそが常習性を帯びた一種の麻薬のようなものだった、という発見にたどり着くわけです。

 

それにしても死ぬほど忙しくて、大麻のふわりゆるりとした印象からは遠くかけ離れています。どっちかいうとすき屋に近い。笑

 

警備員やレジ、栽培、プロモーション(呼び込みの兄ちゃん)も雇えるには雇えるんですが、一定期間を過ぎるとふわっといなくなります。しかも賃金が異様に高い。ジョイントを上げないとテンションがどんどん落ちていく。なんだそれ。まかないじゃねーんだぞと。笑

客単価はなかなか上がらないのに人件費が異様にかさむ。一度雇ったんだからずっといてくれ。頼むから。ただでさえ種の代金でカツカツなのに。。

 

そんな苦悩を繰り返すうち、最終的に人を雇うことをやめて、一人でセコセコと働くことになります。てか雇う金がない。笑

 

結果、すき屋のワンオペのような形になり、ジャマイカやカリフォルニアのようなのんびりしたイメージからは想像もつかないほどのブラック企業体験が味わえます。

 

客は自由に人生を謳歌してますけどね↓

f:id:raaaamenz:20180419163434p:plain

 

500円とは思えないほどのバカっぷりと中毒性。

お勧めはできませんし、息抜きにもならない。

でもなぜかやり続けちゃう。なんとも不思議なゲームです。

 

 

Get Up, Stand Up

Get Up, Stand Up

  • provided courtesy of iTunes